GO!GO!言語聴覚士

    耳鼻科領域で働く言語聴覚士のブログ
    MENU

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    応援が励みになります!
    ランキングクリックお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    SHARE

    【落語】手拭いのたたみ方

    0   0

    落語の必須アイテムである手拭いのたたみ方を紹介します。

    たたみ方には決まりがあるわけではなく、使いやすいようにたたまれていれば良いらしいです。

    ちなみに落語では手拭いのことを『まんだら』と呼ぶそうです。


    1.半分に折る



    広げた手拭いを半分に折ります。





    2.切りっぱなしのところを3分の1折る



    切りっぱなし(糸がほつれてくる方)を内側に3分の1折ります。



    3.反対側も3分の1折る



    反対側も同じように3分の1折ります。



    4.端を4分の1折る



    両端を4分の1内側に折ります。





    5.真ん中から半分に折る



    最後に真ん中から半分に折って、完成です。



    狙った柄が正面にくるようにたたみ方は微調整してください。



    個人的には4のところをちょっと工夫して


    4'.端を3分の1折る



    片方の端を3分の1折ります。


    5'.反対側も3分の1折る



    反対側の端も3分の1折って、完成です。


    こうやってちょっと大きめにした方が手にしっくりきます。
    手が大きいのかなw

    たたみ方には決まりはありませんので、自分に合ったサイズを見つけてみてください!


    追記



    個人的には好きだった4'以降のたたみ方ですが、このたたみ方だと落語の財布や煙草の仕草のときに使いづらいことが判明しました。

    普段使いと落語ではたたみ方を変えた方がよさそうですね。

    応援が励みになります!
    ランキングクリックお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    関連記事

    SHARE

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://gogost.blog22.fc2.com/tb.php/351-6c9ec2dd
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。