GO!GO!言語聴覚士

    耳鼻科領域で働く言語聴覚士のブログ
    MENU

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    応援が励みになります!
    ランキングクリックお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    SHARE

    ハイブリット型人工内耳[EAS]

    1   0

    最近になって、新しい人工内耳が開発されたようです。

    その名は、ハイブリット型人工内耳[EAS]


    従来の人工内耳では、電極の挿入によって残っていた聴力が高率に失われてしまいました。

    ですが、EASは極めてしなやかな電極を有しており、適切に手術をすれば挿入に伴う内耳の損傷を抑えることができる構造になっています!


    EASは高音急墜型の難聴者を対象とします。

    この機種で、補聴器か人工内耳かの二者択一ではなく、聴力が残っている低音域に補聴器を活用し、障害された高音域を人工内耳で刺激することができます。


    まだ日本では医療機器としての認可はおりていません。

    もっと研究を重ねて、充実した医療を提供できる日がきて欲しいです。


    ではでは。

    応援が励みになります!
    ランキングクリックお願いします!

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    関連記事

    SHARE

    -1 Comments

    mimi says..."ハイブリット型人工内耳"
    はじめまして…

    12月9日(水)に開催されました厚生労働省の「第12回高度医療評価会議」において、「EAS(補聴器・人工内耳併用型)人工内耳挿入術」が「高度医療評価制度」の対象として承認されました。
    詳しくは、URLから情報をご覧になって下さい。

    2009.12.31 14:02 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://gogost.blog22.fc2.com/tb.php/94-ec876f30
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。