GO!GO!言語聴覚士

    耳鼻科領域で働く言語聴覚士のブログ
    MENU

    NO IMAGE

    スポンサーサイト

    SHARE

    補聴器にもデコがブーム!?

    0   0
    近年、携帯電話やゲーム機にきらびやかなデコレーションを施すことが流行っていますが・・・ついに補聴器にもデコレーションの波が来たようです!!!従来からある補聴器は色や形が似たり寄ったりで、ちょっと個性が出しづらいところがありましたが、このデコ補聴器でオリジナルのきれいな補聴器を作ることができるようです♪あと、補聴器にデコレーションをつけることで、補聴器を嫌がって着けないお子さんが興味を持ってくれるよ...

    SHARE

    NO IMAGE

    [ニュース]iphoneが補聴器になるアプリ

    0   1
    これはすごいニュースです!!なんと、iphoneが補聴器になるアプリが発売されたようです!アプリの名前は「Eazy Hearing Aid(イージーヒアリングエイド)」。商品の説明は、「相手の声をアイフォーンの内蔵マイクが拾い、増幅されてイヤホンから耳に届く。声は125~5千ヘルツまで13の周波数ごとに左右それぞれ出力を調整できる。人によって聞こえにくい音域の音量を、画面上で簡単に調整できるのが特徴だ。 」とのこと。し...

    SHARE

    NO IMAGE

    [ipad]声を失った人のコミュニケーションツール「ボイスエイド」

    0   0
    [ipadアプリ]声を失った人のコミュニケーションツール「ボイスエイド」「ボイスエイド」とは、声を失った方のコミュニケーションツールで、自分の言葉で相手に意志を伝えることができます。このアプリは、音声合成エンジン「SpeeCAN(スピーキャン)」で培われた音声合成技術を用いて言葉を発声するので、音声の性別が選択や発話速度が調整できます。また、あらかじめ登録された言葉を発声するコミュニケーションツールとは異なり...

    SHARE

    NO IMAGE

    [ipad]自閉症や言語障害を持つ方のコミュニケーションアプリ「Droptalk」

    0   0
    DropTalkは、話し言葉でのコミュニケーションを苦手とする、自閉症や言語障害を持つ方のコミュニケーションを助けるAAC(補助代替コミュニケーション)ソフトウェアです。DropTalkには、Droplet Project(障害者向けのコミュニケーション機器の研究開発で多くの実績を持つメンバーで構成)が開発した絵記号ライブラリ「Drops」と、それに対応した日本語音声がプリインストールされています。Dropsは多くの教職員、言語聴覚士、保護...

    SHARE

    NO IMAGE

    「英国王のスピーチ」ST協会推奨映画!!

    0   1
    大英帝国博覧会閉会式で、ヨーク公アルバート王子はエリザベス妃の見守るうちに、父王ジョージ5世の代理として演説を行った。しかし、吃音症のためにさんざんな結果に終わり、聴衆も明らかに王子の演説に落胆してしまった。アルバート王子は「専門家」による治療を試すものの、結果は思わしくなかった。そこで、エリザベス妃は言語聴覚士であるオーストラリア出身のライオネル・ローグを紹介され、吃音症の克服に挑もうとする。ラ...

    SHARE

    このカテゴリーに該当する記事はありません。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。